管理の便利な「分譲マンション」での生活

ガラス張り

マンションでの収納

マンションでの収納は、クローゼットが付いているところがほとんどですが、収納場所が限られているということがウィークポイントでしょうか。マンションでは、間取りにもよりますが、一般的に、箪笥を置くと部屋が使いづらくなります。狭くなったり、置く壁面が長方形の長い面になって余計に部屋が細長くなったりしてしまいます。そのために、できれば、現在ある収納を最大限に利用して、収納をしていくことが大切でしょう。収納の中を使いやすいように整理したり、少しの空間があれば、そこへ入る物を考えて、収納します。定期的に不要な物は処分します。押し入れの中も、収納ケースを置く場合には、下にすのこを置いて、その上に収納ケースを置くのですが、押し入れの奥行きと幅に合った収納ケースを置くことが、空間の有効な利用方法です。収納ケースも、ピッタリと重なる物の方が、場所を取らずに済みます。押し入れに収納ケースを置いてから、その上に布団や毛布を置くこともできます。この時、収納ケースは、ふたのある物では、中の物が取り出しにくいので、引き出し式の物を使った方が便利でしょう。クローゼットでは、かさばる冬の羽毛の入ったジャケットなどは、家族の分をまとめて一か所に固めて掛けて、ちょっと圧縮するように何かで仕切って小さくして収納しても便利です。例えば突っ張り棒や収納棚などです。

TOP