管理の便利な「分譲マンション」での生活

ガラス張り

マンションの湿度

マンションは、24時間換気があるところなら、湿気は気になりませんが、気密性は良いものの換気となると、冬場はなかなか換気をしないので、湿気が部屋にこもりがちです。外との温度差で、結露もしやすいです。結露をするのは、窓ガラスや玄関ドアなどが結露をしやすいです。小まめに換気をすることが大切です。我が家では、リフォームの時に、壁紙を機能性のあるものを選びました。吸湿性と放湿性の両方を替え備えた壁紙を選びました。中古マンションでを購入しましたが、引っ越しの挨拶に行った時に、下の階の部屋がドアを開けると、玄関ドア周りに結露をしていて、水が滴るほどだったからです。風呂場の換気扇もしっかりと長めのタイマーでつけています。玄関は、調理の時には、小まめに少しだけ、ドアチェーンをしたまま、開けています。両側に子供部屋があるのですが、子供部屋は、冬場は寒いというので開けられません。どうしても玄関を開けるようになります。これが良いのか、我が家では、玄関周りも冬場でも結露は全くしません。家の中で湿気が気になるのは、お風呂に面した押し入れの一番上の袋戸棚の中が何となく、あまり開けないので、湿気が少しあるような感じです。

TOP